累計1万PV突破!

【東京で食べられる!】おつまみにおすすめのフィリピン料理10選【激ウマ】

東京で食べられるおつまみにおすすめのフィリピン料理 アイキャッチ

お酒に合うフィリピン料理って、どんなものがあるのかな…

ありす

ぱに

フィリピンは、よくお酒を飲む国なので、おつまみになる料理がたくさんあるんです!

 

フィリピンは、一人当たりのお酒消費量が世界一にもなったことがある、酒豪国家であり、お酒の種類が多くあるのはもちろん、おつまみになる料理も豊富です。

 

ですが、フィリピン料理自体の知名度がそこまで高くないので、どんな料理かイメージすることができず、注文に躊躇してしまうなんてこともあると思います。

 

お酒だけでなく、料理も美味しいものが多いので、一緒に食べないなんて、もったいないんです。

 

ぱに

ということで今回は、フィリピン料理店を30店舗以上周った私が、実際に食べてみて美味しかったおつまみを、10品紹介していこうと思います。

 

シシグ(Sisig)

おつまみにおすすめのフィリピン料理 シシグ

 

シシグは、豚肉や玉ねぎなどの具材を細かく刻み、ガーリック醤油で炒め、上に卵を乗せて混ぜていただく、B級グルメ世界一に輝いたこともあるメジャーなフィリピン料理です。

 

味付けにニンニクや唐辛子が使われているため、クセは取られており、スパイシーな味付けでお酒が進みます。

 

豚の頬肉などを使うことが多いため、コリコリな食感も楽しめますし、スパイシーな砂肝炒めを食べているような感じですので、日本人にも親しみやすい料理となっています。

 

ぱに

フィリピンでもお酒のお供として人気ですし、どのお酒でも合う味となtrているので、万人におすすめのおつまみとなります。

 

ルンピア・シャンハイ(Lumpiang Shanghai)

おつまみにおすすめのフィリピン料理 ルンピア・シャンハイ

 

ルンピア・シャンハイは、豚ひき肉、玉ねぎが入った、フィリピン風の揚げ春巻きです。

 

細めのスティック状になっておりとても食べやすく、サクサクの食感と肉の旨味が口の中に広がるのでとても美味しく、おつまみに最適な一品。

 

豚肉を包んだシャンハイの他にも、唐辛子を入れて辛みを増したものや、魚介や野菜だけを包んだ春巻きも存在しており、ルンピアだけでもバリエーションが豊富です。

ぱに

クセが少なく初心者にもおすすめの料理ですし、食べやすい料理なので、「とりあえずルンピアとビール」はありだと思います。

 

レチョン・カワリ(Lehcon Kawali)

おつまみにおすすめのフィリピン料理 レチョン・カワリ

 

レチョン・カワリはフィリピンのお祭り料理で、豚を丸焼きにした料理となっており、とてもクセが少なく、パーティー料理の定番料理となっています。

 

じっくり焼かれているため、皮はパリパリ、身はジューシーになっており、お酒にもご飯にも合う万能型の美味しさ。

 

そのまま食べても美味しいのはもちろん、フィリピン版サルサソースである、マントーマスソースなどがついてくることが多く、付けて食べるとさっぱりとした味わいに変化。

 

ぱに

噛めば噛むほど、豚の旨味が溢れてきて美味しいですし、変なクセがないので、どのお酒にも合う料理となっています。

 

バーベキュー(BBQ)料理

おつまみにおすすめのフィリピン料理 バーベキュー

 

フィリピンの肉の串焼き料理で、フィリピンでも定番の屋台料理の一つとなっています。

 

鶏肉や豚肉を醤油やお酢、砂糖などで作った甘みのあるタレに漬け込み、焼いた料理となります。

 

あまじょっぱいタレにつけ込まれているため、非常に食べやすく、どんなお酒にも合うオールマイティーな料理と言えるでしょう。

 

ぱに

日本人にも馴染み深い、焼き鳥の味に似ている料理ですし、万人受けする味なので、おつまみにもぴったりです。

 

クリスピー・パタ(Crispy Pata)

クリスピー・パタ

 

クリスピー・パタは、豚足、豚のスネ肉を煮て下味をつけ、軟らかくしてから唐揚げにした料理。

 

サクサクで美味しく、漫画に出てくるお肉の様な骨付きの見た目なので、ビジュアルも強い料理となっています。

 

カラマンシー醤油(レモン醤油)やお酢、サルサソースなどをつけてさっぱりと食べることが多く、シンプルな調理法の料理のため、日本人の口にもあいやすい、万能型の一品。

 

ぱに

クセが少なく、ビジュアルの強い写真映えのする料理で、さっぱりとしたお酒に合うおつまみとしても優秀な料理です。

 

チチャロン(Chicharon)

おつまみにおすすめのフィリピン料理 チチャロン

 

チチャロンは、豚の皮やモツ、鶏の皮などを油で揚げた料理となります。

 

モツ(チチャロン・ブラクラク)の方は皮の物と比べると少しクセがありますが、スナックの様にサクサク食べられて、おつまみにもぴったり。

 

皮の方のチチャロンは、クセがものすごく少ないため、お菓子としても輸入されており、フィリピンでは、おつまみやおやつとして定番の料理となります。

 

ぱに

お酢をつけてさっぱり食べることもできますし、そのまま食べてもスナック感覚でいけるので、ビールとの相性も抜群なんです。

 

ハラボス・ナ・ヒポン/ヒラボス・ナ・ヒポン(Halabos na Hipon/Hilabos na Hipon)

 

この投稿をInstagramで見る

 

JennyFer(@jennyfernandezbrown)がシェアした投稿

 

ハラボス・ナ・ヒポン、ヒラボス・ナ・ヒポンは、エビのガーリックバター焼きといった様な料理となります。

 

醤油で味付けしたものや、蒸し焼きにするなど、レシピのバリエーションが豊富ですし、ニンニクが入っている為、食欲をそそリます。

 

シンプルな料理となりますので、当たり外れが少なく、どこでも美味しく食べられる料理ですし、作り方も難しくないため、お店で食べて見て気に入ったら再現することも可能な点も魅力。

 

ぱに

シンプルにエビの旨味が感じられますし、ニンニクの香りで、どんどんお酒が進む料理となっています。

 

ガンバス(Gambas)

おつまみにおすすめのフィリピン料理 ガンバス

 

エビやイカをチリソースのようなピリ辛のソースで卵と一緒に煮込んだ料理で、フィリピン風のエビチリといった感じの料理。

 

鉄板で温かいまま提供されることもあり、フィリピンでも人気の料理の一つとなっています。

 

ピリ辛な味わいで、どんなお酒にも合う美味しい料理です。

 

ぱに

ニンニクもしっかり効いて、ビールにぴったりですし、残ったソースだけでも一杯飲めてしまうほどの美味しさです。

 

キニラウ、キラウィン(kinilaw、Kilawin)

おつまみにおすすめのフィリピン料理 キニラウ・キラウィン

キニラウは魚介などを玉ねぎ、パプリカ、生姜と一緒にマリネにした料理で、同様の調理法で茹でたりあげたりした肉類を調理したものが、キラウィンと呼ばれます。

 

さっぱりしており、具材もヘルシーで、味付けが濃かったり、こってりしがちなフィリピン料理においては珍しいさっぱり系の料理です。

 

魚介や肉類のマリネなので、脂っこいおつまみを食べたくない時にとても重宝する料理でもあります。

 

ぱに

生姜や唐辛子を入れるので、ピリ辛で後を引き、おつまみにもぴったりですし、ヘルシーな料理なので、カロリーを気にする方にもおすすめです。

 

アドボン・マニ(Adobong Mani)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jocelyn Amio(@jocelyn_kitchen2018)がシェアした投稿

 

アドボン・マニは、ピーナッツのガーリック炒めです。

 

唐辛子とニンニクを入れて炒めるため、スパイシーで香ばしく、どう考えてもおつまみにぴったりな一品。

 

やめられない・止まらないな美味しさで、ついつい手が伸びてしまい、気がついたらお酒共々なくなっている、なんてことも多いです。

 

ぱに

特にビールとの相性が最強で、ビールと一緒に頼ま魔ないのはもったいない料理となりますので、ぜひ食べていただきたい一品です。

 

フィリピン料理はお酒に合うものが多い!

 

ここまで、お酒に合うおつまみをみてきましたが、お酒に合う美味しいおつまみが、たくさんあるということがわかっていただけたと思います。

 

肉料理だけでなく、魚介類を使ったものもあり、バリエーションも豊富ですし、どれも美味しいものばかりなので、お酒と一緒に頼まないのはもったいないですよね。

 

お酒に合わせておつまみを変えるのもいいですし、どのお酒にも合う料理をじっくり食べるのもいいかもしれません。

 

低カローリーのおつまみもあるから、プラス一品するのもありだよね!

ありす

ぱに

こちらに紹介した以外にも、美味しいおつまみがたくさんありますので、自分の好みのおつまみを見つけに、フィリピン料理店に足を運ぶのも、面白いですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。