累計1万PV突破!

亀有フィリピン料理専門店『Salo Salo(サロサロ)』食レポ・店内レポ

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン SaloSalo

 

亀有にあるフィリピン料理専門店Salo Salo(サロサロ)に行ってきました。

 

Salo Salo(サロサロ)は下町風情のあるフィリピン料理屋さん!

 

ぱに

店員さんが話し好きで、雰囲気の良いお店でした。
ネット上での情報や口コミは少ないですが、常連になりたくなるような居心地の良さがあります。

ありす

 

Salo Salo(サロサロ)の評価
お店の入りやすさ
(4.0)
お店の雰囲気
(4.0)
料理の味
(4.0)
コスパ
(4.0)
初めての人におすすめ
(4.5)
女性におすすめ
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

ということで、今回はSalo Salo(サロサロ)の食レポ・店内レポをしていきたいと思います。

 

亀有のフィリピン料理レストラン『Salo Salo(サロサロ)』の詳しい情報はこちら!

 

「私もこのお店に行ったことがある!」「私もこのお店に行きたい!」「お店の感想」「この記事の感想」など募集中!

 

各記事の最下部にコメント欄を設置しておりますので、お気軽にコメントをしていって下さいね!

 

Salo Salo(サロサロ)は入りやすいお店?

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 亀有駅
東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 両さん像1

 

Salo Salo(サロサロ)は、亀有駅南口から徒歩4分くらいのところにあります。

 

ぱに

南口で降りるとすぐに、こち亀のみなさんが出迎えてくれます。
Salo Salo(サロサロ)は、亀有中央商店街の中にあるお店なので、亀有駅からはほぼ一本道!

ありす

 

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 両さん看板
東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 両さん像2
東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 両さん像3

 

オープンまで少し時間が有ったので、軽く寄り道をしてきました。

 

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 外看板1
東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 外看板2

 

Salo Salo(サロサロ)には、看板が有りませんが、花の木通り整骨院の1階に有り、フィリピンの国旗が目立つので、通り過ぎてしまうことは無いと思います。

 

マップで道順を調べる時は、『花の木通り整骨院』もくは、『東京都葛飾区亀有 3-17-1』で調べると、Salo Salo(サロサロ)に着きます。

ありす

ぱに

アクセスしやすい立地ではありますが、オープンして1年程しかたっていないお店なので、ネットに情報が出回っていないんですよね。

 

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 外観2

 

Salo Salo(サロサロ)の入口は、オープンキッチン+ガラス扉なので、外からでも中の様子が確認出来て入りやすい!

 

Salo Salo(サロサロ)の雰囲気

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 内装1
東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 内装2

 

Salo Salo(サロサロ)の店内は超が付くほどオシャレという訳ではありませんが、家のような居心地の良さがあります。

 

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 内装3

 

こじんまりしていますが、お菓子・調味料が購入出来るグロサリーコーナーもあります。

 

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 外ポスター
東京・亀有のフィリピン料理・レストラン メニューボード

 

Salo Salo(サロサロ)は、毎週土曜日に食べ放題(1200円)を実施していたり、マンゴーヨーグルト・アボカドミルクシェークなどのフィリピンの果物を使ったジュースや、スイーツのテイクアウトにも力を入れています。

 

常連の方が店内で食事をしたり、フィリピン人の方がテイクアウトを利用したりと、賑わっていました。

 

食べ放題の日は、初めて来る日本人のお客さんも多く、初めてSalo Salo(サロサロ)でフィリピン料理を味わう人もいるようです。

 

Salo Salo(サロサロ)の店員さんの雰囲気

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 内装4

 

Salo Salo(サロサロ) の店員さんは、話好きな方で、料理を作っている時もお客さんが気になっちゃうタイプの愛嬌いっぱいのフィリピン人女性です。

 

日本語は、超ペラペラで冗談も通じるレベルで話せるので、こちらからも気軽に話しかけられる雰囲気。

 

それでいて完璧主義で、料理の味が納得出来ないと、「ちょっとお肉が固いなー。もう少し待っててね!」という会話が飛び交う程、自分の料理にこだわりがある!

 

ワンオペですが、既製品のソースなどは使わず、1からフィリピン料理を作る(調味料は除く)お店なので、自慢のフィリピン料理を振る舞ってくれます。

 

料理を待っている間にも、「これ食べてて!」とフィリピンのマカロンをくれました。

 

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン ココナッツマカロン1

 

ぱに

1個だけだと思ったら、全部くれた。
下町感溢れる優しさ!

ありす

 

マカロンの味は甘く、日本でも食べたことがあるような味だったので、食べやすかったのですが、全て食べたらお腹が満たされそうだったので、1つだけいただきました。

 

残ったマカロンを袋に詰めて、持ち帰らせてくれるという親切心。

 

ぱに

この店神かよ!

 

Salo Salo(サロサロ) の人気の秘密は、店員さんの人柄の良さとキャラクターで間違えない!

 

Salo Salo(サロサロ)の食レポ

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン ビール
東京・亀有のフィリピン料理・レストラン ビール2

 

まずは、アサヒスーパードライを注文。

 

ぱに

お店の雰囲気的に、まずはビールから行きたいお店ってありますよね。
レッドホース・サンミゲルなどのフィリピンビールは、お店で出すと会計が高くなってしまうことから、Salo Salo(サロサロ) では出していないみたいです。

ありす

 

一通り、メニュー表を眺めておすすめを聞きましたが、「シシグーは食べたことある?」と聞かれたので、「30回くらいはあります」と答えると、私が食べたことが無さそうな料理を出してくれそうな雰囲気に。

 

しかし、私も相当フィリピン料理を食べているので、Salo Salo(サロサロ)のメニューにあるフィリピン料理は、どこかで1度は、食べたことがあるという展開に。

 

「じゃあ好きな料理は?」と聞かれたので、「メヌドと、ビコールエキスプレスと、ティノーラ」と答えると、「ちょうど今メヌド作ってるところ!」ということで、メヌドを注文することで決定!

 

店内で様々なフィリピン料理の名前のキャッチボールが行われる中、他にもお客さんがいたのですが、フィリピン料理は詳しく無いけど、ここの料理はどれも美味しいから常連になったと話してくれました。

 

因みに、メヌドはSalo Salo(サロサロ)のメニューには有りませんが、その辺はフィリピン料理屋ならではのフレキシブルさで対応してくれます。

 

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン プト1

 

先ほど、マカロンをいただいてしまったので、料理を待っている間に、フィリピン風蒸しパンを購入しました。

 

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン プト2
東京・亀有のフィリピン料理・レストラン プト3

 

フィリピンの赤卵とチーズの2種類が有り、3個ずつ入って500円!

 

この頃には、常連のお客さんとも仲良くなっていたので、みんなでシェアして食べました!

 

良いお店って常連さんの雰囲気も良いんですよね。

 

店員さんにも蒸しパンをシェアしたところ、赤卵にしようか、チーズにしようか本気で悩んでいる程、お茶目さもあります。

 

常連のお客さんいわく、ママはダイエット中らしい(小声)

 

蒸しパンの味は、ほんのり甘く、中心に置かれた甘く無い赤卵と、甘く無いチーズという組み合わせが最高に合う味。

 

みんなで食べるとさらに美味しい!

 

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン メチャド1
東京・亀有のフィリピン料理・レストラン ライス

 

そんなこんなで、楽しく話をしていると、メヌドがきました。

 

メヌドは、豆が煮崩れするくらいしっかり煮込まれており、気にされていたお肉の食感もバッチリ、この時だけは、話すことを忘れてメヌドとライスに夢中。

 

それくらい美味しいフィリピン料理で、手間を掛けて作られていると感じました。

 

Salo Salo(サロサロ)の食レポ・店内レポを行った感想

東京・亀有のフィリピン料理・レストラン 入り口

 

Salo Salo(サロサロ)は、下町の優しさ溢れる暖かいお店!

 

毎週土曜日は1200円で食べ放題をやっており、お客さんの比率は、日本人の方・フィリピン人の方が半々くらいですが、お客さん同士の仲も良いです。

 

店員さんも話し好きで、お茶目な愛されキャラなので、居心地も良くて、料理も美味しい。

 

食べ放題の日には、初めて来店する日本人のお客さんも多いようで、「フィリピン料理ってこんなに美味しいんだ!」と言っておかわりしてもらえることが、店員さんにとって嬉しいことみたい!

 

フィリピン料理食べ放題の時にリクエストがあれば、メニューに含めてくれると言ってくれたので、次は食べ放題にも参加してこようと思います。

 

最後にブログ用に店内の写真を撮らせてもらったのですが、「全然良いけど、私、写真苦手なの」と言って逃げちゃいました。

 

結果写り込んでいましたので、モザイク加工しておきましたが、面白いお店なので、初めての人でも利用しやすいお店だと思いますよ(笑)

 

Salo Salo(サロサロ)の口コミ・評判

 

Salo Salo(サロサロ)は食べログに登録されています。

 

Google口コミには、お店情報が有りませんが、相当のことが無い限り、悪い評価は付かないお店だと私は感じました。

 

Salo Salo(サロサロ)の場所・営業時間

定休日:日曜日
営業時間:平日10時~22時、土曜18時~22時、祝日12時~19時
住所:東京都葛飾区亀有3丁目17-1
最寄駅:JR「亀有駅」南口から徒歩4分

 

小岩・葛西・亀有・瑞江のフィリピン料理レストランまとめはこちら!
【東京エリア別】小岩・葛西・亀有・瑞江のフィリピン料理レストランまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。